ここからグローバルナビゲーション


ここから本文です

ここからローカルナビゲーションです

資料

ここからバナーエリアです

  • 四国5大学連携事業
  • 女性研究者紹介
  • イベント・セミナー
  • ニューズレター・リーフレット

学生の方へ

  • サイエンスひめこ
  • △EGG

企業の方へ

  • リケジョ応援企業

女子中学性のみなさまへ

  • サイエンスプリンセスプロジェクト

更新日:2014年6月26日

第19回男女共同参画社会づくり推進県民大会に参加しました!

前のページへ戻る

ミニポスターセッション

 平成26年6月17日(火)、上野町の愛媛県生涯学習センターにて開催された、第19回男女共同参画社会づくり推進県民大会及びミニポスターセッションに女性未来育成センターも参加しました。
 今回の基調講演では、経済評論家・内閣府男女共同参画会議議員でもある勝間和代さんが『女性が活躍すると、男性が楽になるわけ』のタイトルで講演され、会場は満員の650人に埋め尽くされました。勝間さんはデータを交えながら日本の現状について、女性が経済活動に参画することの経済効果やそれにかかる男性との労働時間との関係などをわかりやすく説明しました。その中で、勝間さんは、「なんとなく…」の雰囲気が非常に重要だ、と強調し、みんなが育休を取るから僕も育休取ります、みんなが働いているから私も働きます、というような空気感が一番、男女共同参画を推進する力になる、とも力説しました。

 つづいて、愛媛県男女共同参画推進県議会長の桐木陽子さんのコーディネートで、オレンジベイフーズ株式会社の取締役工場長のジーン・中園さんが加わり、てい談が行われました。中園さんは、現場の長である自分も必ず長期で有給休暇を取得し、自分がいなくても仕事が廻るようにいつでも準備をしている、と話されました。休暇を取って戻ってくる社員はやる気にあふれ、次の休暇のためにさらに一所懸命働く、という波及効果もあり、会社も社員も相乗効果でみんなによい雰囲気ができる、との話に、参加者は熱心に聞き入りました。
 ロビーでは本センターのポスター掲示に足を止め、出版物を持ち帰る姿も見られました。

てい談の様子
ページの先頭に戻る