ここからグローバルナビゲーション


ここから本文です

ここからローカルナビゲーションです

育児支援

ここからバナーエリアです

  • 四国5大学連携事業
  • 女性研究者紹介
  • イベント・セミナー
  • ニューズレター・リーフレット

学生の方へ

  • サイエンスひめこ
  • △EGG

企業の方へ

  • リケジョ応援企業

女子中学性のみなさまへ

  • サイエンスプリンセスプロジェクト

学内の介護支援制度

前のページへ戻る

職員/特定職員の介護関連制度

介護休業

要介護者ごとに3回を上限として通算186日まで分割してとることができます。必要とする期間 【職員就業規則第70条】『特定職員就業規則第63条』『介護休業等に関する規程第5条』

  • 対象:配偶者、父母、子、配偶者の父母
    【兄弟姉妹、祖父母、孫については、職員が同居し、扶養している場合に限る】
  • 要介護者とは負傷、疾病又は身体上若しくは精神上の障害により、2週間以上の期間にわたり常時介護を必要とする状態の者
  • 介護休業期間中は無休である

介護部分休業

要介護者ごとに介護部分休業開始日から起算して3年の範囲内において取得日数を問わず取得できます。1日のうち連続した4時間の範囲内 【職員就業規則第70条】『特定職員就業規則第63条』【介護休業に関する規程第13条】

  • 対象:配偶者、父母、子、配偶者の父母、兄弟姉妹、祖父母、孫
  • 勤務しない時間につき給与は減額される

有期契約職員の介護関連制度

介護休業

要介護者ごとに当該職員の雇用契約期間の範囲内で93日を超えない期間内において必要とする期間 【有期契約職員就業規則第48条】『介護休業等に関する規程第5条』

  • 対象:配偶者、父母、子、配偶者の父母、兄弟姉妹、祖父母、孫
  • 要介護者とは負傷、疾病又は身体上若しくは精神上の障害により、2週間以上の期間にわたり常時介護を必要とする状態の者
  • 介護休業期間中は無給である

介護部分休業

要介護者ごとに介護部分休業開始日から起算して3年の範囲内において取得回数を問わず取得できます。当該職員の雇用契約期間の範囲内で1日のうち連続した4時間の範囲内 【有期契約職員就業規則第48条】『介護休業等に関する規程第13条』

  • 対象:配偶者、父母、子、配偶者の父母、兄弟姉妹、祖父母、孫
  • 勤務しない時間につき給与は減額される

ページの先頭に戻る